言の葉 #002

假令どんな物が彼等の間を隔てようとしても彼等が相近づく機會を見出したことは鬱蒼として遮つて居る密樹の梢を透してどこからか日が地上に光を投げて居るやうなものであつた。彼等の心は唯明るかつたのである。

長塚節


言葉に対する説明

クリア処理